元祖:京浜シャツター,点検無料クーポン券,インターネット限定 見積り金額より10%OFF,三和シャッター工業,文化シャッター,東洋シャッター,LIXIL,神奈川県,横浜市,鶴見区,神奈川区,西区,中区,南区,保土ケ谷区,磯子区,金沢区,港北区,戸塚区,港南区,旭区,緑区,瀬谷区,栄区,泉区,青葉区,都筑区,川崎市,大和市,座間市,厚木市,海老名市,綾瀬市,藤沢市,鎌倉市,逗子市,横須賀市,相模原市,東京都,大田区,世田谷区,品川区,目黒区,町田市、三和シャッター工業品質直接施工,

シャッターの分類比較

ガレージシャッターの分類視点

分類視点
1開閉方法による分類
2材料による分類
3収納形式による分類
4形状による分類

◆開閉方法による分類

シャッターの開閉方法備考
1手動で開閉人力により上下
2電動モーター開閉リモコンスイッチを操作

◆材料による分類

素材別のメリット・デメリット

素材メリットデメリット
1スチール製コストが安い腐食しやすい
約10~15年で腐食
2アルミ製腐食しにくいコストが高い
3ステンレス製 腐食がしにくい
高級感がある
コストが高い
4木製高級感が高い メンテナンスが必要

◆収納形式による分類

収納形式メリットデメリット
1オーバースライダー方式開閉スピードが速い
騒音が抑えられるといったメリットがありますが、天井に照明を取り付けることができないため、壁面に照明を取り付けることになります
天井に照明を取り付け不可能、そのため壁面に照明を取り付ける
壁面に照明を取り付けると、その為駐車スペースが狭くなる
2巻き上げ方式収まりがコンパクト駐車スペースを広く取ることができる
開閉スピードが遅い
開閉時の騒音が気になる

◆形状による分類

形状分類名特徴
1スラットシャッター巻上式はポピュラーなシャッター
2グリルシャッターシャッターがパイプ構造で、隙間が空いている、ガレージ内は開放的
3上部開放シャッターシャッター上部がパイプ構造、閉鎖状態で排気可能
あらゆる分野の建物で電動シャッターが活躍
言語選択:Translate